MRTG インストール手順 Since: 2003.10.07
Last: 2005.09.28

■MRTGとは
MRTG(Multi Router Traffic Grapher)は指定されたホストからSNMPを用いて値を取得し、グラフを生成するSNMPマネージャである。
ソースによる配布とRPMパッケージによる配布が行われているが、本稿ではソースからのインストール手順を解説する。なお、RedhatLinux 9.0ではMRTGが必要とするライブラリがインストールされていない場合が多々あるため、ライブラリ類をtar ballで入手し組み込む手順を解説する。

■環境情報
OS: Redhat Linux 9.0
MRTG: 2.9.92

□関連ライブラリ
zlib: 1.1.4
libpng: 1.2.5
gd: 2.0.15

■入手先
MRTG 配布元: http://people.ee.ethz.ch/~oetiker/webtools/mrtg/index-2.html

□関連ライブラリ入手先
zlib: http://www.gzip.org/zlib/
libpng: http://www.libpng.org/pub/png/libpng.html
gd: http://www.boutell.com/gd/

■ライブラリ準備
以下の手順によりzlib、libpng、gdをMRTGのコンパイルに使用できる形で準備する。

□zlib
wget http://www.libpng.org/pub/png/src/zlib-1.1.4.tar.gz
tar xfvz zlib-1.1.4.tar.gz
mv zlib-1.1.4 zlib
cd zlib
./configure
make

□libpng
wget ftp://swrinde.nde.swri.edu/pub/png/src/libpng-1.2.5.tar.gz
tar xfvz libpng-1.2.5.tar.gz
mv libpng-1.2.5 libpng
cd libpng
make -f scripts/makefile.std CC=gcc ZLIBLIB=../zlib ZLIBINC=../zlib

□gd
wget http://www.boutell.com/gd/http/gd-2.0.15.tar.gz
tar xfvz gd-2.0.15.tar.gz
mv gd-2.0.15 gd
cd gd
env CPPFLAGS="-I../zlib -I../libpng" LDFLAGS="-L../zlib -L../libpng" ./configure --disable-shared --without-freetype --without-jpeg
make
cp .libs/* .

■MRTGインストール
以下の手順にてMRTGをコンパイル・インストールする。

wget people.ee.ethz.ch/~oetiker/webtools/mrtg/pub/mrtg-2.9.29.tar.gz
tar xfvz mrtg-2.9.29.tar.gz
cd mrtg-2.9.29
./configure --prefix=/usr/local/mrtg-2 --with-gd=/usr/local/src/gd --with-z=/usr/local/src/zlib --with-png=/usr/local/src/libpng
make
make install

MRTGは以下のパスにインストールされる

/usr/local/mrtg-2

■日本語化
標準で添付されている日本語表示用スクリプトを導入し、出力されるHTMLを日本語表記に変更する。

cd translate
./mergelocale.pl skeleton.pm0 eucjp.pmd
cp locales_mrtg.pm /usr/local/mrtg-2/

設定ファイル内に Language: eucjp と記述すると日本語表示が有効になる。


戻る