目次

概要

監視システムの動作試験を行なうため、システムに負荷をかける手段。

CPU負荷 / LoadAvarageの増加

無限ループする処理を実行することにより、システムに負荷をかける。
下記のコマンドでは10プロセスの無限ループを走らせることができるため、負荷の増加具合を見ながら並列実行することにより、規定の水準まで負荷をかけることができる。

for i in {0..9}; do nohup `while :; do echo 1 > /dev/null; done;` & done


負荷を止める場合には、当該プロセス(bash)をkillするか、親プロセスを停止させる(=ログアウトする)

ディスク容量の圧迫

ディスク内に規定容量の空ファイルを生成し、ディスクの空き容量を圧迫する。
ディスクフルになってしまうとシステムの動作に不具合が発生するため、埋め尽くさない程度の容量に調整しながら実行する。
(空ファイルを生成し、コピーを繰り返して空き容量を埋める方法もある)

dd if=/dev/zero of=tempfile bs=1M count=[Size MB]
  • 1GBの空ファイルを生成する例
    dd if=/dev/zero of=tempfile bs=1M count=1000

ディスクへの書き込み負荷

上記のddを使用したファイル生成を無限ループで行わせる方法。

  • 1GBのファイルを繰り返し無限に書き続ける処理
    for i in [1]; do nohup `while :; do dd if=/dev/zero of=tempfile bs=1M count=1000; done ;` & done
  • 1GBのファイルを10セッションで繰り返し無限に書き続ける処理
    for i in [0..9]; do nohup `while :; do dd if=/dev/zero of=tempfile bs=1M count=1000; done ;` & done

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-09-19 (木) 19:50:09 (3171d)