目次

概要

Zabbix 3.4で実装された保存前処理に関する実装Tips。
機能説明は数多存在するが、実際の利用事例が少ないため備忘録的な目的で記述する。

データ抽出事例

「=」で区切られたデータ

  • 抽出方針
    各Version毎に数値データとして抽出する。

  • 入力元データ
    Version3.0=57
    Version3.2=3
    Version3.4=154
    Version4.0=59

  • アイテム1
    Version3.0の値(57)を抽出。
    「Version3.0=」の文字列を含む行の「=」以降に続く「複数個の数値」を抽出する。

    • アイテム設定
      タイプ依存アイテム
      キー任意の文字列
      マスターアイテム元アイテムを指定
      データ型数値(整数)

    • 保存前処理
      処理タイプ正規表現
      抽出条件Version3\.0=([0-9]+)
      抽出箇所\1

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-06 (日) 23:03:05 (257d)