目次

概要

Grafanaのインストール手順。

環境情報

OSCentOS 7.4
Grafanagrafana-5.4.2-1.x86_64

インストール手順

CentOS 7.4

CentOS 7.4に対してRPM形式のGrafanaをインストールする手順。
以下はインターネットへの接続が可能な環境における手順。

手順

  • 1. パッケージをダウンロード
    wget https://dl.grafana.com/oss/release/grafana-5.4.2-1.x86_64.rpm
  • 2. 依存関係を解決させてインストール
    yum localinstall grafana-5.4.2-1.x86_64.rpm

    • 依存関係があるパッケージは以下の通り。
      ===================================================================================================================
       Package                       Arch             Version                    Repository                         Size
      ===================================================================================================================
      Installing:
       grafana                       x86_64           5.4.2-1                    /grafana-5.4.2-1.x86_64           151 M
      Installing for dependencies:
       fontconfig                    x86_64           2.13.0-4.3.el7             base                              254 k
       libfontenc                    x86_64           1.1.3-3.el7                base                               31 k
       urw-fonts                     noarch           2.4-16.el7                 base                              3.0 M
       xorg-x11-font-utils           x86_64           1:7.5-21.el7               base                              104 k
      Updating for dependencies:
       freetype                      x86_64           2.8-12.el7                 base                              380 k
      ===================================================================================================================
  • 3. サービスを起動させる
    systemctl start grafana-server
  • 4. Grafanaアクセス
    http://[IP]:3000/

    初回ログイン時のID/PWは以下の通り。(ログイン後、パスワード変更が促される)

    Useradmin
    Passwordadmin

プラグイン導入手順

grafana-zabbix

Zabbix連携用のプラグイン

  • インストール
    grafana-cli plugins install alexanderzobnin-zabbix-app
  • Zabbixへのユーザ追加
    プラグインがZabbix APIへアクセスするためのユーザを作成する。
  • ソースの追加
    Grafanaの管理画面よりプラグインを有効化した後、Zabbix APIへの接続をソースとして追加する。

設定

Web Server越しのアクセス設定

  • 概要
    Apache Web Serverのリバースプロキシ(mod_proxy)を使用して、Webサーバ越しにGrafanaにアクセスするための設定手順。
  • 設定
    • /etc/grafana/grafana.ini
      【変更前】 ;root_url = http://localhost:3000
      【変更後】 root_url = http://localhost:3000/grafana
  • /etc/httpd/conf.d/grafana.conf(新規作成)
    <IfModule mod_proxy.c>
     ProxyRequests Off
     ProxyPass /grafana http://127.0.0.1:3000
     ProxyPassReverse  /grafana http://127.0.0.1:3000
    </IfModule> 
  • 設定確認
    service httpd configtest
    ⇒ 「Syntax OK」が返ることを確認
  • 有効化
    systemctl restart httpd
    systemctl start grafana-server
  • アクセス確認
    以下のURLでアクセスできることを確認する
    http://[Server IP]/grafana/

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-06 (日) 19:08:35 (258d)