LinuxKernel 2.6系 コンパイル手順

入手先

kernelソースの取得と展開

以下の手順で最新のkernelソースを取得し、所定の位置に展開してリンクを張り直す。

cd /usr/src
wget http://www.kernel.org/pub/linux/kernel/v2.6/linux-2.6.15.tar.gz
tar xfvz linux-2.6.15.tar.gz
rm linux
ln -s ./linux-2.6.15 linux

ディストリビューション付属kernelからの設定引き継ぎ

ディストリビューションに含まれているkernelは独自のチューニングが施してある為、現行環境を維持する為には設定を引き継く必要がある。
kernelの設定ファイルである.configをコピーし、makeコマンドにて設定の読み込みと設定内容の整合性調整をを行なう。

cd /usr/src/linux
cp /usr/src/kernels/2.6.9-22.EL-i686/.config ./
make oldconfig

新しいkernelにて追加された項目が表示されるため、必要なものを有効化する。
現状を維持する場合は全てEnterにて飛ばしても構わない。

kernelパラメータの設定

kernelパラメータの設定を行う。パラメータの設定はテキストベース、テキストメニューベース、Xベースの3パターンがあるため、使用環境に適したものを用いて設定を行う。

  • テキストベース
    make config
  • テキストメニューベース
    make menuconfig
  • Xベース
    make xconfig

コンパイルとインストール

kernelパラメータの設定が完了した後、コンパイルとインストールを行う。

make
make modules_install
make install

以上の手順で/boot配下に新しいカーネルがインストールされ、GRUBの設定が更新される。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-01-17 (木) 10:53:38 (4203d)