目次

概要

RHELのサブスクリプション関連の操作

サブスクリプションの管理

Redhatのサイトにて、登録されたアカウントでログインすることでサブスクリプションの使用状況を一覧することができる。
Developer登録を行うと、1年間の無料サブスクリプションが使用できる。(2016年〜)
CentOSの開発終了に伴い、開発者向けサブスクリプション(Red Hat Developer Subscription for Individuals)が拡張され、期限制限無しで16システムまで登録出来るようになりました。(2021年〜)

コマンドライン操作

サブスクリプションの登録

以下のコマンドにて、Redhatに登録したアカウント情報を付与することで、サブスクリプションの登録が行われる。

subscription-manager register --username 【ユーザ名】 --password 【パスワード】
  • 実行例
    # subscription-manager register --username XXXXXXX --password XXXXXXX
    
    登録中: subscription.rhsm.redhat.com:443/subscription
    このシステムは、次の ID で登録されました: XXXXXXX-XXXXXXX-XXXXXXX-XXXXXXX-XXXXXXX
    登録したシステム名: localhost.localdomain

サブスクリプションの削除

以下のコマンドを実行したホストのサブスクリプションを全て解除することができる。

subscription-manager remove --all
  • 実行例
    # subscription-manager remove --all
    
    登録の解除中: subscription.rhsm.redhat.com:443/subscription
    UUID が XXXXXXX-XXXXXXX-XXXXXXX-XXXXXXX-XXXXXXX のシステムの登録は解除されました
    ローカルデータがすべて削除されました

サブサブスクリプションの状態を表示

以下のコマンドで、サブサブスクリプションの登録状況を確認できる。

subscription-manager list
  • 例(サブサブスクリプション未登録状態)
    # subscription-manager list
    
    +-------------------------------------------+
        インストール済み製品のステータス
    +-------------------------------------------+
    製品名:           Red Hat Enterprise Linux Server
    製品 ID:          69
    バージョン:       7.9
    アーキテクチャー: x86_64
    状態:             サブスクライブなし
    状態の詳細:       Not supported by a valid subscription.
    開始:             
    終了:             
  • 例(サブサブスクリプション登録状態)
    # subscription-manager list
    
    +-------------------------------------------+
        インストール済み製品のステータス
    +-------------------------------------------+ 
    製品名:           Red Hat Enterprise Linux Server
    製品 ID:          69
    バージョン:       7.9
    アーキテクチャー: x86_64
    状態:             サブスクライブ済み
    状態の詳細:       
    開始:             2021年02月06日
    終了:             2022年02月06日

運用Tips

エラー対応

This system is registered with an entitlement server, but is not receiving updates. You can use subscription-manager to assign subscriptions.

サブスクリプション登録を行っているにも関わらず、yumを実行した際に発生するエラー。
原因を検索するとサーバの時刻が誤っているという対策に案内されるが、これが原因であったことはない。
以下のコマンドでサブスクリプションのリフレッシュを行うと解消する。

# subscription-manager refresh

ローカルデータがすべて更新されました

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-02-10 (水) 18:56:46 (17d)