Solarisで過去の日付を取得する

env TZ=JST+15 date '+%Y/%m/%d'

dateコマンドの実行時のみタイムゾーンを変更することで過去の日付を取得する。
日本時間はGMT+9であるため、1日前の日付を取得するには、

24時間 - 9時間 = 15時間

となる。(TZ=JST+15となる)

この方法では遡れる時間の値に上限があり、+160程度が上限となる(5日前まで)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-01 (金) 11:23:03 (3883d)