目次

概要

前提

Raspberry Pi 3(ARMv7)向けのZabbix Agentはパッケージが存在しない(2016.12現在)kことから、ソースコードよりコンパイルしてインストールを行う。

環境

HardwareRaspberry Pi 3 Model B
CPUARMv7 Processor rev 4 (v7l)
OSCentOS Linux release 7.2.1511 (Core)
ZABBIXzabbix-3.2.2

導入手順

環境準備

初期状態ではコンパイラが含まれていないため、gccのパッケージを導入する。

yum install gcc
==================================================================================================================
 Package                    Arch                     Version                          Repository             Size
==================================================================================================================
Installing:
 gcc                        armv7hl                  4.8.5-11.el7                     base                   12 M
Installing for dependencies:
 cpp                        armv7hl                  4.8.5-11.el7                     base                  4.3 M
 libatomic                  armv7hl                  4.8.5-11.el7                     base                   43 k
 libgomp                    armv7hl                  4.8.5-11.el7                     base                  149 k
 libmpc                     armv7hl                  1.0.1-3.el7                      base                   42 k
 mpfr                       armv7hl                  3.1.1-4.el7                      base                  189 k
Updating for dependencies:
 libgcc                     armv7hl                  4.8.5-11.el7                     base                   96 k

Transaction Summary
==================================================================================================================
Install  1 Package  (+5 Dependent packages)
Upgrade             ( 1 Dependent package)

ユーザ作成

エージェントプログラムを稼動させる専用のユーザを作成する。

groupadd -g 300 zabbix
useradd -u 300 -g zabbix -d /var/empty -s /sbin/nologin zabbix

ディレクトリ作成

デーモンを動作させる上で必要なディレクトリを作成する。

mkdir /etc/zabbix
mkdir /var/run/zabbix
mkdir /var/log/zabbix
touch /var/log/zabbix/zabbix_agent.log
chown -fR zabbix.zabbix /var/run/zabbix
chown -fR zabbix.zabbix /var/log/zabbix

コンパイル

Zabbixのソースコードは、configure内にエージェントのソースコードも格納されているため、これをコンパイルして使用する。

tar xfvz zabbix-3.2.2.tar.gz
cd zabbix-3.2.2

configureオプションでエージェントのコンパイルのみを指定する。

./configure --enable-agent
make
make install

設定ファイルを所定位置に配置する

cd /usr/local/src/zabbix
cp ./misc/conf/zabbix_agentd.conf /etc/zabbix/

サービス登録

systemd向けの設定は同梱されていないため、手動で作成する。

cat <<EOF > /usr/lib/systemd/system/zabbix-agent.service
   [Unit]
   Description=Zabbix Agentd
   After=network.target
   [Service]
   Type=oneshot
   ExecStart=/usr/local/sbin/zabbix_agentd -c /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
   PIDFile=/var/run/zabbix/zabbix_agentd.pid
   RemainAfterExit=yes
   [Install]
   WantedBy=multi-user.target
EOF

自動起動を設定。

systemctl enable zabbix-agent.service

起動

エージェントを起動する。

systemctl start zabbix-agent.service
systemctl status zabbix-agent.service

参考

エラー

configure実行時に以下のエラーが出る場合、gccが導入されていない。
yumでgccのパッケージをインストールする。

# ./configure  --enable-agent
checking for a BSD-compatible install... /bin/install -c
checking whether build environment is sane... yes
checking for a thread-safe mkdir -p... /bin/mkdir -p
checking for gawk... gawk
checking whether make sets $(MAKE)... yes
checking whether make supports nested variables... yes
configure: Configuring Zabbix 3.2.2
checking whether make sets $(MAKE)... (cached) yes
checking build system type... armv7l-unknown-linux-gnueabihf
checking host system type... armv7l-unknown-linux-gnueabihf
checking for gcc... no
checking for cc... no
checking for cl.exe... no
configure: error: in `/usr/local/src/zabbix-3.2.2':
configure: error: no acceptable C compiler found in $PATH
See `config.log' for more details

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-12-25 (日) 21:35:08 (94d)