目次

概要

前提

ZABBIX Proxy 4.0α版のインストール手順。
RPM形式では提供されていないため、ソースコードからのコンパイルを行う。

手順

OSの設定

  • SE Linux無効化
    # vi /etc/selinux/config
    SELINUX=disabled
  • Frewalld無効化
    systemctl disable firewalld
  • アップデートの実行
    yum update -y

Databaseの導入

  • MariaDBの導入
    yum install -y mariadb  
    yum install -y mariadb-server
    systemctl enable mariadb 
    systemctl start mariadb
    mysql_secure_installation
  • /etc/my.cnf

Zabbix Proxyのパッケージ導入

OS固有のファイル・ディレクトリを作成するため、既存のパッケージを導入する。

  • Zabbix パッケージ導入
    yum install zabbix-proxy
    yum install zabbix-agent

コンパイル

パッケージの導入

コンパイルに必要となるパッケージとミドルウェアを導入する。

  • 関連パッケージの導入
    yum install -y fping
    yum install -y gcc
  • ライブラリ導入
    yum install -y libxml2-devel libevent-devel curl-devel mariadb-devel
    yum install -y net-snmp net-snmp-utils net-snmp-devel

事前準備

コンパイル前に必要な処理を行う。

  • ユーザ追加
    groupadd zabbix
    useradd -s /bin/nologin -g zabbix zabbix
  • ディレクトリ作成
    mkdir /var/run/zabbix
    chown zabbix.zabbix /var/run/zabbix
    mkdir /var/log/zabbix
    chown zabbix.zabbix /var/log/zabbix
    mkdir /etc/zabbix
    chown zabbix.zabbix /etc/zabbix
  • テンポラリファイルの自動生成設定
    echo "d /var/run/zabbix 0755 zabbix zabbix" > /etc/tmpfiles.d/zabbix.conf

コンパイル

ソースコードをダウンロードし、コンパイルする。

  • ソースの解凍とコンパイル
    tar xfvz zabbix-4.0.0alpha5.tar.gz 
    cd zabbix-4.0.0alpha5
    ./configure --enable-proxy --enable-agent --with-mysql --enable-ipv6 --with-net-snmp --with-libcurl --with-libxml2 
    make install
  • 設定ファイルの作成
    cp conf/zabbix_proxy.conf /etc/zabbix/
    cp conf/zabbix_agentd.conf /etc/zabbix/
    touch /etc/sysconfig/zabbix-proxy
    touch /etc/sysconfig/zabbix-agent
  • リンクの作成
    cd /usr/sbin/
    ln -s /usr/local/sbin/zabbix_proxy zabbix_proxy
    ln -s /usr/local/sbin/zabbix_agentd zabbix_agentd
    
    cd /usr/bin/
    ln -s /usr/local/bin/zabbix_sender zabbix_sender 
    ln -s /usr/local/bin/zabbix_get zabbix_get

設定

データベースの作成

  • スキーマとデータの投入
    cat database/mysql/schema.sql | mysql -u zabbix -p zabbix -h [Cloud SQL IP]

起動ファイルの作成

systemd用の制御ファイルはソースには含まれていないため、Zabbix 3.0等のパッケージに含まれているものを流用する。

  • 設定ファイルの配置
    cp zabbix-proxy.service /usr/lib/systemd/system/
    cp zabbix-agent.service /usr/lib/systemd/system/
  • 自動起動設定
    systemctl enable zabbix-proxy

Zabbixの設定

  • /etc/zabbix/zabbix_proxy.conf
    LogFile=/var/log/zabbix/zabbix_proxy.log
    PidFile=/var/run/zabbix/zabbix_proxy.pid
    DBHost=[Cloud SQL IP]
    DBName=zabbix
    DBUser=zabbix
    DBPassword=zabbix
    Timeout=4
    LogSlowQueries=3000

サーバ再起動

サーバの再起動を行い、プロセスが起動することを確認する。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-29 (日) 16:34:58 (23d)