目次

概要

シングル構成のZabbix Proxy(SQLite版)をRocky Linux 8.x系にインストールする手順。
基本的なインストールとして、以下のURLの手順を理解した上で行うものとする。

https://www.zabbix.com/jp/download

前提環境

  • OS/MW
    CategoryPackage & VersionArchitectureInstall TypeRepository
    OSRocky Linux release 8.6 (Green Obsidian)x86-64RPMRocky-Stream-AppStream
    SQLitesqlite-3.26.0-15el8.x86-64RPMRocky-Stream-AppStream
    SNMPnet-snmp-5.8-25el8.x86-64RPMRocky-Stream-AppStream
  • Zabbix Proxy
    CategoryPackage & VersionArchitectureInstall TypeRepository
    Zabbixzabbix-release-6.0-2el8.x86-64RPMZabbix
    Zabbixzabbix-proxy-sqlite3-6.0.7-1el8.x86-64RPMZabbix
    Zabbixzabbix-sql-scripts-6.0.7-1el8.x86-64RPMZabbix
    Zabbixzabbix-js-6.0.7-1el8.x86-64RPMZabbix
    Zabbixzabbix-selinux-policy-6.0.7-1el8.x86-64RPMZabbix
  • Zabbix Agent
    CategoryPackage & VersionArchitectureInstall TypeRepository
    Zabbixzabbix-agent-6.0.7-1el8.x86-64RPMZabbix
    Zabbixzabbix-agent2-6.0.7-1el8.x86-64RPMZabbix
  • Zabbix Commands
    CategoryPackage & VersionArchitectureInstall TypeRepository
    Zabbixzabbix-get-6.0.7-1el8.x86-64RPMZabbix
    Zabbixzabbix-sender-6.0.7-1el8.x86-64RPMZabbix

1. OS設定

インストール

インストールタイプ

インストールタイプは「サーバ(GUI使用)」構成を選択。
このタイプではEL6までとの互換性を確保するためのツール類が初めからインストールされるため、使いやすい構成で始めることができる。

ランレベル

サーバ用途ではGUIは不要のため、CLIモードに変更する。

  • 設定
    systemctl set-default multi-user.target
  • 確認
    # systemctl get-default
    multi-user.target

セキュリティ設定

SELinux

ZabbixのSELinux用ポリシーが提供される様になっているため、SELinuxを有効化した状態で導入することが可能となった。
利用環境に合わせてSELinuxの有効/無効を調整すること。
(RHEL9 / CentOS Stream 9以降はSELinuxの無効化が困難となるため、将来的には有効化した状態での運用が標準になると思われる。)

SSH

/etc/ssh/sshd_configに対して、適宜設定を行う。

  • rootログイン禁止
    PermitRootLogin no
  • パスワード認証禁止(鍵認証のみ許可)
    PasswordAuthentication no
  • 空パスワード禁止
    PermitEmptyPasswords no
  • 設定反映 設定後、sshdを再起動すると設定が反映される。

※注意※
上記の設定反映後、新たにターミナルセッションを開いてSSH接続ができることを確認すること。

Firewallの無効化

Firewallが不要な場合にはサービスを停止する。

systemctl stop firewalld
systemctl disable firewalld

不要なサービスの停止

システムの動作上、不要となるサービスは停止する。

# systemctl disable [Service Name]

何が不要なサービスであるかは用途・環境により差異があるため個別に検討が必要。

  • ポートをバインドしているサービスの確認
    以下のコマンドにてポートの待受状況を確認し、不要なものは停止させる。
    ss -tulpn
  • 起動サービスの確認
    以下のコマンドにて、起動状態となっているサービスから不要なものを選定する。
    systemctl list-units --type service

    個人的に不要と思うサービスは以下。
systemctl disable avahi-daemon.service 
systemctl disable cups.service 
systemctl disable gssproxy.service 
systemctl disable import-state.service
systemctl disable iscsi-shutdown.service
systemctl disable kdump.service
systemctl disable nis-domainname.service
systemctl disable selinux-autorelabel-mark.service
systemctl disable sssd.service
systemctl disable unbound-anchor.timer

時刻同期

監視システムにおいて時刻のズレは運用上の支障となるため、必ずサーバの時刻同期を設定する。

  • 設定 国内で使用する場合にはNICTのntpサーバを使うなどの方式となる。(大学私設のNTPサーバは避けること)
    クローズドなNTPが存在する場合には、そのアドレスを設定する。
  • /etc/chrony.conf
    pool ntp.nict.jp iburst
  • 設定の反映
    サービスを再起動して、設定変更を反映させる。
    systemctl restart chronyd.service 
  • 動作確認
    時刻同期の状況を確認。
    chronyc sources
    
    MS Name/IP address         Stratum Poll Reach LastRx Last sample               
    ===============================================================================
    ^* ntp-b2.nict.go.jp             1   6    37     9    -49us[-1008us] +/- 3416us
    ^- ntp-k1.nict.jp                1   6    37     9   +972us[ +972us] +/- 9645us
    ^- ntp-a2.nict.go.jp             1   6    37     9  +1330us[+1330us] +/- 4894us
    ^- ntp-b3.nict.go.jp             1   6    37    10    +21us[  +21us] +/- 4093us
    MS列で「*」が表示されているサーバと同期が完了している。

システムのアップデート

OS導入段階のパッケージを最新化する。

dnf update

設定の反映

ここまでの設定を一括反映するため、OSの再起動を行う。

reboot

パッケージ導入

Zabbixインストール

Zabbixリポジトリをインストールする。

  • リポジトリの組み込み
    rpm -ivh https://repo.zabbix.com/zabbix/6.0/rhel/8/x86_64/zabbix-release-6.0-1.el8.noarch.rpm
    dnf clean all
  • Zabbixのインストール
    dnf installzabbix-proxy-sqlite3 zabbix-sql-scripts zabbix-selinux-policy zabbix-js zabbix-get zabbix-sender
  • Zabbix Agentの導入
    Zabbix Agentは2種類のバージョンが提供されている。
    新しい機能はAgent2に付加されていくため、これらを使用したい場合にはAgent2を使用する。
    • Zabbix Agent(C言語版)
      dnf install zabbix-agent
    • Zabbix Agent2(Go言語版)
      dnf install zabbix-agent2

ミドルウェアの導入

Zabbixのパッケージインストールだけでは導入されないミドルウェアを先にインストールする。

SQLite

DBとして使用するSQLite3を導入する。

  • インストール
    dnf install sqlite

NET-SNMP

SNMPTrapを受信するためにsnmptrapdサービスを導入する。

  • インストール
    dnf install net-snmp net-snmp-utils net-snmp-perl

コマンドラインツール類の導入

操作面での互換性維持、並びにZabbixを運用する上で必要となるツールを導入する。

  • 対象
    net-tools
    bind-utils
    nmap
    wget
    telnet
    ※インストールタイプを「サーバ(GUI使用)」にしていた場合、一部のツールはすでに導入されている。
  • 手順
    dnf install net-tools bind-utils nmap wget telnet

Zabbixデータベース作成

  • データベース格納領域の作成
    mkdir /data
    mkdir /data/sqlite_db
    chwon zabbix.zabbix /data/sqlite_db
  • データベースの作成
    cd /data/sqlite_db
    cat /usr/share/doc/zabbix-sql-scripts/sqlite3/proxy.sql | sqlite3 zabbix-proxy.db
    chown zabbix.zabbix zabbix-proxy.db

NET-SNMP設定

ログ出力先の変更

SNMPTrap受信ログを/var/log/snmpd/snmptrap.logへ出力する方式に変更。
SNMPTrap受信時には、zabbix_trap_receiver.plに連携する方式に設定。

  • /etc/sysconfig/snmptrapd
    OPTIONS="-Lsd -Lf /var/log/snmpd/snmptrap.log -p /var/run/snmptrapd.pid udp:162"
  • /etc/rsyslog.conf
    • messagesへのSNMPTrapログを出力させない
      *.info;mail.none;authpriv.none;cron.none;local6.none                /var/log/messages
    • SNMPTrapログはlocal6として別のファイルに出力させる
      local6.*                                                /var/log/snmpd/snmptrap.log

SNMPTrapの処理方法を変更

Zabbixのソースコードに同梱されている zabbix_trap_receiver.pl を用いてSNMPTrapを処理する方式の実装を行う。

  • Zabbixのソースコードを取得
    wget https://cdn.zabbix.com/zabbix/sources/stable/6.0/zabbix-6.0.0.tar.gz
  • zabbix_trap_receiver.plの取得と配置
    tar xfvz zabbix-6.0.0.tar.gz
    ln -s zabbix-6.0.0 zabbix

    cp ./zabbix/misc/snmptrap/zabbix_trap_receiver.pl /usr/local/bin/
    chmod 755 /usr/local/bin/zabbix_trap_receiver.pl
    mkdir /var/log/snmpd/
    touch /var/log/snmpd/zabbix_traps.log
  • zabbix_trap_receiver.plの設定変更
    vi /usr/local/bin/zabbix_trap_receiver.pl
    • zabbix_trap_receiver.pl
      $SNMPTrapperFile = '/var/log/snmpd/zabbix_traps.log';
  • /etc/snmp/snmptrapd.conf
    • 特定のコミュニティ名のみを受信する場合
      authCommunity log,execute public
      perl do "/usr/local/bin/zabbix_trap_receiver.pl"
    • 全てのコミュニティ名を受信する場合
      disableauthorization yes
      perl do "/usr/local/bin/zabbix_trap_receiver.pl"

MIBの読み込み設定

snmp.confを作成し、MIBの読み込みディレクトリの指定を行う。 ファイルは存在しないため、手動で作成する。

  • /etc/snmp/snmp.conf
    MIBDIRS /usr/share/snmp/mibs
    MIBS all

ログローテーション

SNMP関連のログローテーション設定を作成。

  • /etc/logrotate.d/snmp
    /var/log/snmpd/*.log {
            weekly
            rotate 4
            compress
            delaycompress
            missingok
            notifempty
            create 0664 root root
    }

設定の反映

  • サービス再起動
    systemctl restart rsyslog
  • サービス起動
    systemctl enable snmptrapd
    systemctl start snmptrapd

Zabbix Proxy設定

以下は最低限の設定。要件に合わせてパラメータを調整する。

Zabbix Proxy

  • /etc/zabbix/zabbix_proxy.conf
    Server=[Zabbix Server IP]
    HostnameItem=system.hostname
    LogFile=/var/log/zabbix/zabbix_proxy.log
    LogFileSize=0
    EnableRemoteCommands=1
    PidFile=/run/zabbix/zabbix_proxy.pid
    SocketDir=/run/zabbix
    DBName=/data/sqlite_db/zabbix-proxy.db
    ProxyOfflineBuffer=4
    ConfigFrequency=600
    StartPollers=3
    StartIPMIPollers=1
    StartPollersUnreachable=1
    StartTrappers=3
    StartPingers=3
    StartDiscoverers=1
    StartHTTPPollers=1
    StartVMwareCollectors=1
    VMwareCacheSize=8M
    SNMPTrapperFile=/tmp/zabbix_traps.tmp
    StartSNMPTrapper=1
    CacheSize=8M
    Timeout=4
    LogSlowQueries=3000
    StatsAllowedIP=127.0.0.1

Zabbix Agent

セキュリティ的な問題が発生する可能性があるため、パラメータの意味を理解した上で適用して下さい。

  • /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
    PidFile=/run/zabbix/zabbix_agent2.pid
    LogFile=/var/log/zabbix/zabbix_agent2.log
    LogFileSize=0
    Server=127.0.0.1
    ServerActive=127.0.0.1
    # Hostname=Zabbix server
    HostnameItem=system.hostname
    Include=/etc/zabbix/zabbix_agent2.d/*.conf
    ControlSocket=/tmp/agent.sock
    AllowKey=system.run[*]
    Include=./zabbix_agent2.d/plugins.d/*.conf

サービス制御

  • Zabbixサービスの起動
    systemctl start zabbix-proxy
    systemctl enable zabbix-proxy
  • 自動起動設定
  • Zabbix Agent(C言語版)
    systemctl start zabbix-agent
    systemctl enable zabbix-agent
  • Zabbix Agent2(Go言語版)
    systemctl start zabbix-agent2
    systemctl enable zabbix-agent2

参考情報


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-08-18 (木) 02:22:39 (103d)