目次

概要

シェルスクリプトにてssh接続を行う場合、原則としてssh鍵を使用したパスフレーズ無し認証の環境を用意する必要がある。

実行例

シェルスクリプトからssh接続を行う場合の例。

ssh -t -l [接続ユーザ] -i [ssh鍵] [接続先] <<EOF
[実行内容]
EOF

knownhostの確認を無視する

新規ホストや既存ホストのアドレスが変更になった場合にknownhostの確認が行われる。処理のスクリプト化を行うには障害となるため、以下の設定でknownhostの更新を無視させる。

ssh -o StrictHostKeyChecking=no [IP Address]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-21 (木) 15:49:25 (4349d)