目次

概要

mktempコマンドを使用してシェルスクリプトにてテンポラリファイルを生成する方法。

mktemp

mktempは引数にあわせてランダムな名称のファイルまたはディレクトリを生成し、標準出力に生成したファイルまたはディレクトリを返すコマンド

  • ファイルを生成
    mktemp [filename].XXXXXX
  • 特定のディレクトリにファイルを生成
    mktemp /tmp/[filename].XXXXXX
  • ディレクトリを生成
    mktemp -d [directoryname].XXXXXX

シェルスクリプトでの利用

シェルスクリプトで使用する場合、生成したファイルまたはディレクトリ名を変数として持つ必要があるため、以下の様な構文で使用する。

  • テンポラリファイル名を変数に代入して使用
    TEMP=`mktemp /tmp/temp.XXXXXX`
    処理 >> $TEMP
    rm $TEMP

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-02-03 (金) 13:59:31 (4409d)