言語関連 目次

概要

変数で指定した世代の管理を行う方法

サンプル

ファイルのタイムスタンプを参照する方式

# Number of generations
GEN="5"
cd ${DIR}
ls -1rt | head -n -${GEN} | xargs rm -rf

ファイル名を参照する方式

# Number of generations
GEN="5"
cd ${DIR}
ls -1 | head -n -${GEN} | xargs rm -rf

削除対象のファイルをログに出力する

# Number of generations
GEN="5"
cd ${DIR}
echo $(date '+[%Y/%m/%d %H:%M:%S]') ":[INFO] Delete old files. ( "`ls -1rt | head -n -${GEN} | awk '{printf "%s ",$1}'`")" >> $LOGFILE

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-02-26 (日) 14:28:28 (484d)