ルーティングの設定

Linuxの経路設定

  • 経路の参照
    # route
  • 経路の追加
    # route add -net [IP Address] gw [Gateway Address] netmask [Netmask] eth[n]
  • 経路の削除
    # route del -net [IP Address] gw [Gateway Address] netmask [Netmask] eth[n]
  • デフォルトゲートウェイの設定
    # route add default gw [Gateway Address]
  • 起動時に経路設定を読み込ませるようにする
    /etc/rc.d/rc.localに上記の設定を加える。
    rc.localでのroute実行時は環境変数PATHが読めないため、絶対パスで記述すること。
    /sbin/route add -net [IP Address] gw [Gateway Address] netmask [Netmask] eth[n]

Solarisの経路設定

  • 経路の参照
    #  netstat -rn
  • 経路の追加
    # route add [IP Address]/[Netmask(bit)] [Gateway Address]
  • 経路の削除
    # route delete [IP Address]/[Netmask(bit)] [Gateway Address]
  • 起動時に経路設定を読み込ませるようにする
    /etc/rc2.d/S72inetsvcに上記の設定を加える。
    route実行時は環境変数PATHが読めないため、絶対パスで記述すること。
    /usr/sbin/route add [IP Address]/[Netmask(bit)] [Gateway Address]

Windowsの経路設定

  • 経路の参照
    route print
  • 経路の追加
    route add [IP Address] mask [netmask] [Gateway Address]
  • OS起動時に経路設定を読み込ませるようにする
    route add実行時に -p オプションを付けることで恒常的に読み込まれる経路情報を設定できる。
    route -p add [IP Address] mask [netmask] [Gateway Address]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-01 (土) 15:01:11 (4250d)