目次

概要

文字・改行コードの変換はnkfを使用する方法が最も効率的である。
しかし、nkfはシェルスクリプト上で正常に動作しない場合やnkf自体がインストールされてない可能性もある。
改行コードの変換のみはsedで代替することができる。

nkfで文字コードを変換する

文字コードを変換する際には下記の書式を使用する。

  • 書式
    nkf [Option] [変換元ファイル名] > [変換後ファイル名]
  • Optionにて変換先として指定できる文字コード
    -e 変換結果をEUC-JPで出力する 
    -j 変換結果をISO-2022-JPで出力する 
    -s 変換結果をShift-JISで出力する 
    -u 変換結果のバッファリングを行わない 
  • Unicodeの場合 Unicodeに変換する場合は以下のオプションでしている。(nkf ver.2.0以降で対応)
    -w8 変換結果をUTF-8で出力する
    -w16 変換結果をUTF-16で出力する

nkfで改行コードを変換する

改行コードを変換する際には下記の書式を使用する。

  • 書式
    nkf [Option] [変換元ファイル名] > [変換後ファイル名]
  • Optionで変換先として指定できる改行コード
    -Lu 改行コードを LF に変換
    -Lw 改行コードを CR+LF に変換 
    -Lm 改行コードを CR に変換

sedで改行コードを変換する

  • CR+LF → LFへ変換
    sed -e 's/\r/\n/'
  • LF → CR+LFへ変換
    sed -e 's/\n/\r/'

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-10-28 (水) 13:37:41 (5237d)