概要

MRTGをcronで定期実行する際に使用するスクリプト。
実行時にログを生成し、実行開始時刻と実行時の標準出力・標準エラー出力を記録します。 ログファイルは実行ごとに上書きされるため、直近で一回前の稼動時の結果のみ記録されます。

使い方

環境に沿った変数を設定します。

MRTGPATH= MRTGの実行ファイルが保管されているパス
CFGPATH=  監視対象の設定ファイルが保管されているパス
LOGFILE=  稼動ログファイル(絶対パス+ファイル名)

監視対象が複数の場合は下記の行を複数入れていきます。

$MRTGPATH/mrtg $CFGPATH/[設定ファイル名] >> $LOGFILE 2>&1

コード

# /bin/sh
# ------------------------
# mrtg exec script
# ------------------------
# Version : 1.0
# update  : 2003.9.4

export LANG=C
export PATH=/bin:/sbin:/usr/bin:/usr/sbin:/usr/local/bin:/usr/local/sbin

# setting 

MRTGPATH="/usr/local/mrtg-2/bin"
CFGPATH="/home/system/mrtg/conf"
LOGFILE="/home/system/logs/mrtg.log"

# MRTG Exec 

date +%Y/%m/%d\ %H:%M:%S > $LOGFILE

$MRTGPATH/mrtg $CFGPATH/extstrg.asabiya.net/extstrg.asabiya.net.cfg >> $LOGFILE 2>&1

date +%Y/%m/%d\ %H:%M:%S >> $LOGFILE

# EOF

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-27 (木) 02:40:01 (5909d)