PHP 5.0 インストール手順

概要

本手順書は下記環境に沿ったインストール手順である。

PHP : php 5.1.6
OS : Redhat Enterprise Linux ESv4 (x86 32bit)
インストール先 : /usr/local/php

ソースの取得

開発元のサイトよりインストール元を取得する。

http://jp.php.net/

インストール

ソースを取得し展開する

cd /usr/local/src
wget http://jp.php.net/get/php-5.2.4.tar.gz/from/this/mirror
tar xfvz php-5.2.4.tar.gz
cd php-5.2.4

configureを行う。
各種ライブラリを指定した設定。

./configure --prefix=/usr/local/php --with-apxs2=/usr/local/apache/bin/apxs --enable-mbstring --enable-mbregex --enable-zend-multibyte --with-gd --enable-gd-native-ttf --enable-bcmath --with-freetype-dir=/usr --with-png-dir=/usr --with-jpeg-dir=/usr --with-zlib --with-openssl

各種ライブラリの指定とMySQLサポートを追加した設定。

./configure --prefix=/usr/local/php --with-apxs2=/usr/local/apache/bin/apxs --enable-mbstring --enable-mbregex --enable-zend-multibyte --with-gd --enable-gd-native-ttf --enable-bcmath --with-freetype-dir=/usr --with-png-dir=/usr --with-jpeg-dir=/usr --with-zlib --with-openssl --with-mysql=/usr/local/mysql

sambaのインストールなどでiconvが変更されている場合は以下のオプションを追加する。

--with-iconv=/usr/local/lib

コンパイルとインストールを行う。

make
make install

設定ファイル作成

ソースphp.iniを所定位置に配置する。

cd /usr/local/src/php-5.1.6
cp php.ini-dist /usr/local/php/lib/php.ini

httpd.confへの追記

モジュールの読み込み設定は自動的に行われるがAddTypeは行われないため、手動で追記する必要がある。

AddType application/x-httpd-php .php

apacheの起動時にエラーが出る場合

SE Linuxが有効になっている場合は以下のエラーが発生する。

libphp5.so: cannot restore segment prot after reloc

  これはモジュールの権限に起因する問題であるため、権限の振りなおしかSE Linuxの停止で回避できる


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-11-06 (木) 01:29:21 (5594d)