目次

概要

RHEL8のサブスクリプション関連の操作

コマンドライン操作

サブスクリプションの登録

以下のコマンドにて、Redhatに登録したアカウント情報を付与することで、サブスクリプションの登録が行われる。

  • 登録コマンド
    subscription-manager register --username 【ユーザ名】 --password 【パスワード】
  • 実行例
    # subscription-manager register --username XXXXXXX --password XXXXXXX
    
    登録中: subscription.rhsm.redhat.com:443/subscription
    このシステムは、次の ID で登録されました: XXXXXXX-XXXXXXX-XXXXXXX-XXXXXXX-XXXXXXX
    登録したシステム名: localhost.localdomain

poolの割当

サブスクリプションのpoolの情報を確認し、割り当てるpoolを指定する。

  • poolの確認
    subscription-manager list --available
  • 結果表示
    +-------------------------------------------+
        利用可能なサブスクリプション
    +-------------------------------------------+
    サブスクリプション名:     Red Hat Beta Access
    提供:                     Red Hat Satellite Capsule Beta
                              Red Hat Enterprise Linux for SAP Applications for IBM z Systems 
    Beta
     〜略〜
    プール ID:                xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
    管理の提供:               いいえ
    数量:                     無制限
     〜略
  • poolの割当
    subscription-manager attach --pool xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

サブスクリプションの削除

以下のコマンドを実行したホストのサブスクリプションを全て解除することができる。

subscription-manager remove --all
  • 実行例
    # subscription-manager remove --all
    
    登録の解除中: subscription.rhsm.redhat.com:443/subscription
    UUID が XXXXXXX-XXXXXXX-XXXXXXX-XXXXXXX-XXXXXXX のシステムの登録は解除されました
    ローカルデータがすべて削除されました

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-08-03 (木) 16:20:09 (210d)