目次

トラブル対応全般

正しいパスワードを入力してもshellにログインできない

vCSAのshellログインは、初期設定では180秒以内にパスワードを5回間違えると、300秒間アカウントがロックアウトされてログインができなくなる。

ロックアウトポリシーを変更する

初期設定値では厳しすぎる場合には、以下の手順でロックアウトポリシーを変更することができる。

  • 1. Web Clientにログイン
  • 2. [ホーム]から[管理]を選択
  • 3. [シングルサインオン]セクションの[構成]を選択
  • 4. [ロックアウト ポリシー]タブを開き、[編集]ボタンを押下する

パーティションエラー

vCSA起動時にパーティションのマウントでエラーが発生し、システムが起動しない場合の対処方法。

環境情報

VersionvCenter Server Appliance 6.7u2

エラー内容

どのパーティションが破損したかにより、様々な形でのエラーが発生する。
共通する項目としては、システム起動時(再起動時)に以下のようなメッセージの緊急モード(emergency mode)に入る点が挙げられる。

Welcome to emergency mode! <以下略>
<中略>
Give root password for maintenance
(or press Control-D to continue)

対処方法

メッセージが表示されたあと、rootのパスワードを二回入力することでroot権限でログインすることができる。
ログイン後にはshellを起動する。

Use service-control command to manage applmgmt service

   * List APIs: "help api list"
   * List Plugins: "help pi list"
   * Launch BASH: "shell"

Command> shell
Shell access is granted to root
root@vcsa [ ~ ]#

LVMを使用する構成となっているため、パーティションは/dev/mapper/の配下にデバイスファイルが格納されている。
vCSA 6.7では、以下のようなパーティションが定義されている。

# ls -la /dev/mapper/ | cut -d" " -f 16

archive_vg-archive
autodeploy_vg-autodeploy
core_vg-core
dblog_vg-dblog
db_vg-db
imagebuilder_vg-imagebuilder
log_vg-log
netdump_vg-netdump
seat_vg-seat
swap_vg-swap1
updatemgr_vg-updatemgr

どのパーティションが破損しているかは、起動時のエラーメッセージを参考にする。
一般的には、log_vg-log、dblog_vg-dblog、seat_vg-seatあたりが壊れる事例が多いようである。

破損したパーティションを対象にfsckで復旧を行う。

fsck -fy /dev/mapper/[partition]

尚、マウント済みのパーティションに対してはfsckはかけられず、以下のようなエラーが発生する。

# fsck /dev/mapper/log_vg-log
fsck from util-linux 2.27.1
e2fsck 1.42.13 (17-May-2015)
/dev/mapper/log_vg-log is mounted.
e2fsck: Cannot continue, aborting.

この様な場合には、当該のパーティションをアンマウントしてfsckを実行する。

  • 例.
    # df -h | grep "/dev/mapper/log_vg-log"
    /dev/mapper/log_vg-log                    9.8G  2.9G  6.4G  32% /storage/log
    
    # umount /storage/log
    
    # fsck -fy /dev/mapper/log_vg-log

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-12-31 (木) 16:23:55 (110d)