ネットワーク関連 目次

概要

VyattaにてNAPTを設定する手順。

手順

NAPTの設定は以下のコマンドで行う。

  • 書式
set nat destination rule 【No.】 inbound-interface 【インターフェイス】
set nat destination rule 【No.】 destination port 【転送元ポート】
set nat destination rule 【No.】 protocol 【プロトコル】
set nat destination rule 【No.】 translation port 【転送先ポート】
set nat destination rule 【No.】 translation address 【転送先アドレス】

サンプル

SSH

SSH(22/tcp)の開放手順。
以下の手順ではeth0のPort 22をNAPTしているが、本来であれば異なるで開放することが望ましい。

# set nat destination rule 22 inbound-interface eth0
# set nat destination rule 22 destination port 22
# set nat destination rule 22 protocol tcp
# set nat destination rule 22 translation port 22
# set nat destination rule 22 translation address 【IP】
# commit
# save

HTTP

HTTP(80/tcp)の開放手順。

# set nat destination rule 80 inbound-interface eth0
# set nat destination rule 80 destination port 80
# set nat destination rule 80 protocol tcp
# set nat destination rule 80 translation port 80
# set nat destination rule 80 translation address 【IP】
# commit
# save

Zabbix Agent(passive)

Zabbix Agentのパッシブアクセス用ポート(10050/tcp)の開放。

# set nat destination rule 10050 inbound-interface eth0
# set nat destination rule 10050 destination port 10050
# set nat destination rule 10050 protocol tcp
# set nat destination rule 10050 translation port 10050
# set nat destination rule 10050 translation address 【IP】
# commit
# save

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-10 (日) 19:48:07 (2653d)