目次

概要

ソフトウェアルータ Vyatta R6.0をVMware ESXiへ導入する手順。

配布元

http://www.vyatta.com/

Vyatta R6.0

概要

Vyatta R6.0はOVFテンプレートが提供されているため、テンプレートのデプロイにてESXiへの展開が可能である。

環境情報

名称バージョン
VyattaR6.0
VMware ESXi4.0

デプロイ(ファイル)

  • 配布サイトの「VC6.0 - VMware ESX 4 Template」→「HTTP Download」よりテンプレートファイルを取得
    vyatta_inst20.png
  • vSphere Clientの[ファイル]→[OVFテンプレートのデプロイ]を選択
    vyatta_inst01.png
  • [ファイルからデプロイ]を選択し、ダウンロードしたファイルを指定
    vyatta_inst02.png
  • テンプレートの詳細を確認し、[次へ]を押下
    vyatta_inst03.png
  • 仮想マシン名を設定
    vyatta_inst04.png
  • デプロイ先のデータストアを指定
    vyatta_inst05.png
  • サマリを確認し、[次へ]を押下
    vyatta_inst06.png
  • デプロイが開始される
    vyatta_inst07.png
  • ここで何故かエラーが発生
    メッセージ的にはアクセス権限周りに問題があるようだが、原因がわからなかったためURLを指定して直接デプロイする方法に切り替える
    vyatta_inst08.png

デプロイ(URL)

  • vSphere Clientの[ファイル]→[URLからデプロイ]を選択し、先程のURLを貼り付ける
    vyatta_inst10.png
  • 今度は正常にデプロイが実行された
    vyatta_inst11.png
  • デプロイが完了し、仮想マシンが完成する
    vyatta_inst12.png

手動構築

テンプレートのデプロイを使用せず、手動で仮想マシンを構築する場合の手順

  • 配布サイトの「VC6.0 - VMware ESX 4 Template」→「VC6.0 - ISO CD Image」を選択
    vyatta_inst20.png

Vyatta R6.3

概要

Vyatta R6.3はOVFテンプレートが提供されていないため、ISOイメージからのインストール作業が必要となる。

環境情報

名称バージョン
VyattaR6.3
VMware ESXi5.0.0u1

仮想マシンの作成

以下の設定で仮想マシンを構築する。

CPU1個
メモリ512MB
ハードディスク4GB
SCSIコントローラLSI Logicパラレル
ネットワークアダプタ2枚

ISOイメージの入手

Vyatta公式サイトより以下のISOイメージを入手する。

vyatta-livecd-virt_VC6.3-2011.07.21_i386.iso

インストール

以下の手順でインストールを実行する。

1. ISOイメージをCDにマウントし、VMを起動する
2. ISOイメージよりVyattaが起動する

login : vyatta
password : vyatta

3. 以下のコマンドにてインストールを実行

【R6.3】 install-system
【R6.6】 install image

4. 後述の手順に沿ってHDDへシステムを導入
5. 以下のコマンドにてVMを停止

sudo /sbin/poweroff

6. 再起動後、以下のアカウントにてログイン

login : vyatta
password : [インストール時に設定したパスワード]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-01-27 (月) 13:50:49 (1941d)