目次

概要

ZABBIX Server 3.2.1のインストール手順。

環境情報

OSCentOS 7.2
ZABBIXzabbix-server-mysql-3.2.1-1.el7.x86_64

(※)CentOS / RHEL 7.2に含まれるsystemdには複数の不具合があるため、必ず最新化すること。

インストール手順

OS設定

以下のOS設定が行われていることを前提とする。

  • ネットワーク
    • 最低1つのネットワークインターフェイスが有効化され、IPアドレスが付与されていること。
    • インターネットへの接続が可能で、名前解決が正常に機能すること
  • セキュリティ
    • SELinuxが無効となっていること。
      # getenforce 
      Disabled
    • Firewalldが停止していること。
      # systemctl status firewalld.service
      ● firewalld.service - firewalld - dynamic firewall daemon
         Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/firewalld.service; disabled; vendor preset: enabled)
         Active: inactive (dead)

リポジトリのインストール

  • zabbix
    rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/3.2/rhel/7/x86_64/zabbix-release-3.2-1.el7.noarch.rpm

ZABBIXパッケージインストール

yumを使用してインストールすることで、関連する主要なパッケージは自動的にインストールが行われる。

  • ZABBIX Server(MySQL版)をインストール
    yum install zabbix-server-mysql
  • ZABBIX Webをインストール
    yum install zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese
  • ZABBIX Agentをインストール
    yum install zabbix-agent
  • ZABBIX関連コマンドをインストール
    yum install zabbix-sender zabbix-get

DBの構築

以下の手順に従い、MariaDBの導入よDBの構築を行う。

  • MariaDBのインストール
    yum install mariadb mariadb-server mariadb-libs
  • MariaDBの設定
    DB設定は適宜適切なパラメータを入れること。
    MySQL 5.5、5.6の設定と互換性があるため、これらのバージョンにおいて過去に動作実績がある設定があれば、それらを流用することも可能。
  • MariaDBを起動
    systemctl start mariadb.service
  • MariaDBの稼働状態を確認
    # systemctl status mariadb.service
    ● mariadb.service - MariaDB database server
       Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/mariadb.service; enabled; vendor preset: disabled)
       Active: active (running) since 月 2016-11-28 08:36:32 JST; 6 days ago
      Process: 1242 ExecStartPost=/usr/libexec/mariadb-wait-ready $MAINPID (code=exited, status=0/SUCCESS)
      Process: 1196 ExecStartPre=/usr/libexec/mariadb-prepare-db-dir %n (code=exited, status=0/SUCCESS)
     Main PID: 1240 (mysqld_safe)
       CGroup: /system.slice/mariadb.service
               ├─1240 /bin/sh /usr/bin/mysqld_safe --basedir=/usr
               └─1714 /usr/libexec/mysqld --basedir=/usr --datadir=/data/mysql_db --plugin-dir=/usr/lib64/mysql/plugin --log-error=/var/log/mariadb/mariad...
    
    11月 28 08:36:26 zs01.localnet.asabiya.net systemd[1]: Starting MariaDB database server...
    11月 28 08:36:27 zs01.localnet.asabiya.net mysqld_safe[1240]: 161128 08:36:27 mysqld_safe Logging to '/var/log/mariadb/mariadb.log'.
    11月 28 08:36:27 zs01.localnet.asabiya.net mysqld_safe[1240]: 161128 08:36:27 mysqld_safe Starting mysqld daemon with databases from /data/mysql_db
    11月 28 08:36:32 zs01.localnet.asabiya.net systemd[1]: Started MariaDB database server.
  • MariaDBの初期設定
    以下のコマンドを実行し、MariaDBの初期設定を行う。
    mysql_secure_installation
  • DBを作成
    ZABBIX用として"zabbix"データベースを作成する。
    mysql -u root -p
    MariaDB [(none)]> create database zabbix character set utf8 collate utf8_bin;
    MariaDB [(none)]> grant all on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'zabbix';
    MariaDB [(none)]> flush privileges;
  • スキーマ投入
    ZABBIX用のスキーマを"zabbix"データベースに投入する。
    cd /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-*
    zcat create.sql.gz | mysql -u zabbix -p zabbix

初期設定

最低限の動作を行うために必要な設定を投入する。
以下は起動させるために必要となる最低限の設定となるため、起動後には利用状況や負荷状況を鑑みて調整を行う。

ZABBIXの設定

  • ZABBIX Webの設定
    ZABBIX Webを動作させるために必要な設定を行う。
    通常の動作はパッケージに含まれる初期設定のままで問題はないが、タイムゾーンの設定のみ明示的に行う必要がある。
    # vi /etc/httpd/conf.d/zabbix.conf
    
    php_value date.timezone Asia/Tokyo
  • ZABBIX Serverの設定
    ZABBIX Serverを動作させるために必要な設定を行う。
    通常の動作はパッケージに含まれる初期設定のままで問題はないが、DBへの接続設定は明示的に行う必要がある。
    # vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
    
    DBName=zabbix
    DBUser=zabbix
    DBPassword=zabbix
  • ZABBIX Agentの設定
    ZABBIX Agentを動作させるために必要な設定を行う。
    以下はlocalhostからの監視のみを受け入れる設定となるため、利用状況に合わせて適宜修正を行うこと。
    # vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
    
    Server=127.0.0.1
    ServerActive=127.0.0.1
    # Hostname=Zabbix server
    HostnameItem=system.hostname

ZABBIXの起動

  • ZABBIX Server
    以下のコマンドにてZABBIX Serverを起動する。
    systemctlのサービスの動作状況ではデーモン自体の正常起動は確認できないため、起動後には必ずログの確認を行うこと。
    systemctl start zabbix-server

    起動時に出力されるログは以下の様な内容。プロセスの起動数は設定に依存する。
    # cat /var/log/zabbix/zabbix_server.log
    
    [PID:YYYMMDD:HHMMSS.SSS] Starting Zabbix Server. Zabbix 3.2.1 (revision 62890).
    [PID:YYYMMDD:HHMMSS.SSS] ****** Enabled features ******
    [PID:YYYMMDD:HHMMSS.SSS] SNMP monitoring:           YES
    [PID:YYYMMDD:HHMMSS.SSS] IPMI monitoring:           YES
    [PID:YYYMMDD:HHMMSS.SSS] Web monitoring:            YES
    [PID:YYYMMDD:HHMMSS.SSS] VMware monitoring:         YES
    [PID:YYYMMDD:HHMMSS.SSS] SMTP authentication:       YES
    [PID:YYYMMDD:HHMMSS.SSS] Jabber notifications:      YES
    [PID:YYYMMDD:HHMMSS.SSS] Ez Texting notifications:  YES
    [PID:YYYMMDD:HHMMSS.SSS] ODBC:                      YES
    [PID:YYYMMDD:HHMMSS.SSS] SSH2 support:              YES
    [PID:YYYMMDD:HHMMSS.SSS] IPv6 support:              YES
    [PID:YYYMMDD:HHMMSS.SSS] TLS support:               YES
    [PID:YYYMMDD:HHMMSS.SSS] ******************************
    [PID:YYYMMDD:HHMMSS.SSS] using configuration file: /etc/zabbix/zabbix_server.conf
    [PID:YYYMMDD:HHMMSS.SSS] database is down: reconnecting in 10 seconds
    [PID:YYYMMDD:HHMMSS.SSS] database connection re-established
    [PID:YYYMMDD:HHMMSS.SSS] current database version (mandatory/optional): 03020000/03020000
    [PID:YYYMMDD:HHMMSS.SSS] required mandatory version: 03020000
    [PID:YYYMMDD:HHMMSS.SSS] server #0 started [main process]
    [PID:YYYMMDD:HHMMSS.SSS] server #1 started [configuration syncer #1]
    [PID:YYYMMDD:HHMMSS.SSS] server #2 started [db watchdog #1]
    〜中略〜
    [PID:YYYMMDD:HHMMSS.SSS] server #72 started [discoverer #2]
    [PID:YYYMMDD:HHMMSS.SSS] server #73 started [discoverer #3]
    [PID:YYYMMDD:HHMMSS.SSS] server #75 started [discoverer #5]
  • ZABBIX Agent
    ZABBIX Agentを起動し、動作を確認する。
    こちらはsystemdからの出力結果を鵜呑みにしても問題はない。
    systemctl start zabbix-agent.service

     # systemctl status zabbix-agent.service                                                                                                
    ● zabbix-agent.service - Zabbix Agent
       Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/zabbix-agent.service; enabled; vendor preset: disabled)
       Active: active (running) since 月 2016-11-28 08:39:42 JST; 6 days ago
      Process: 2173 ExecStop=/bin/kill -SIGTERM $MAINPID (code=exited, status=0/SUCCESS)
      Process: 2176 ExecStart=/usr/sbin/zabbix_agentd -c $CONFFILE (code=exited, status=0/SUCCESS)
     Main PID: 2178 (zabbix_agentd)
       CGroup: /system.slice/zabbix-agent.service
              ├─2178 /usr/sbin/zabbix_agentd -c /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
              ├─2179 /usr/sbin/zabbix_agentd: collector [idle 1 sec]
              ├─2180 /usr/sbin/zabbix_agentd: listener #1 [waiting for connection]
              ├─2181 /usr/sbin/zabbix_agentd: listener #2 [waiting for connection]
              ├─2182 /usr/sbin/zabbix_agentd: listener #3 [waiting for connection]
              ├─2183 /usr/sbin/zabbix_agentd: active checks #1 [idle 1 sec]
              ├─2184 /usr/sbin/zabbix_agentd: active checks #2 [idle 1 sec]
              ├─2185 /usr/sbin/zabbix_agentd: active checks #3 [idle 1 sec]
              └─2186 /usr/sbin/zabbix_agentd: active checks #4 [idle 1 sec]
    
    11月 28 08:39:42 zs01.localnet.asabiya.net systemd[1]: Starting Zabbix Agent...
    11月 28 08:39:42 zs01.localnet.asabiya.net systemd[1]: zabbix-agent.service: Supervising process 2178 which is not our child. We'll most likel... exits.
    11月 28 08:39:42 zs01.localnet.asabiya.net systemd[1]: Started Zabbix Agent.
    Hint: Some lines were ellipsized, use -l to show in full.

    動作事態を確認する場合には、zabbix-getコマンドにて値の取得を試みる。
    # zabbix_get -s 127.0.0.1 -k "system.hostname"
    [サーバのホスト名]
  • ZABBIX Web
    ZABBIX WebはApache HTTP Server上で動作するため、httpd.serviceを起動することでアクセスが可能となる。
    systemctl start httpd.service

    サービスの起動後、Webブラウザから初期設定を行う。
    http://[Server IP]/zabbix/

自動起動設定

OS起動時にZABBIX関連の全サービスが自動的に起動するように設定する。

systemctl enable zabbix-server
systemctl enable zabbix-agent
systemctl enable httpd.service
systemctl enable mariadb.service

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-28 (火) 16:03:42 (26d)