条件分岐(case) 入力された文字列に応じた処理の分岐を行う際に使用します。
想定外の文字列が入力された場合の処理を入れ忘れない様にします。

  • 構文
    case [条件] in
     [条件1]) [処理1] ;;
     [条件2]) [処理2] ;;
     [条件3]) [処理3] ;;
     *) [条件外の処理] ;;
    esac
  • サンプル 引数1にyesが入力された場合の処理例
    case "$1" in
     yes) echo "continue" ;;
     *) echo "Ends the process." ; exit 0 ;;
    esac

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-02-06 (日) 16:16:17 (891d)