目次

概要

前提

openQRM Community Editionの導入手順。

環境

OSCentOS 7.3
openQRMopenQRM-5.3.8-Community-Edition

配布元

導入手順

前提作業

CentOSは以下の初期設定を行う。

  • OS初期設定
    ランレベルmulti-user.target
    SE Linux無効
    Firewall無効
  • 関連パッケージの導入
    yum install -y epel-release 
    yum install -y ansible autoconf automake bind collectd collectd-rrdtool cronie crontabs 
    yum install -y dhcp dropbear expect httpd iscsi-initiator-utils make
    yum install -y mariadb mariadb-server mkisofs mod_ssl
    yum install -y nagios nagios-devel nagios-plugins nagios-plugins-all nagios-plugins-nrpe
    yum install -y nfs-utils nmap openssl perl-CGI perl-XML-Parser perl-XML-Simple
    yum install -y php php-gd php-mysql php-soap procmail puppet-server pyOpenSSL screen
    yum install -y subversion sudo syslinux tftp-server
    
  • サービスの起動
    systemctl start httpd
    systemctl start mariadb.service
    
  • mariadbの初期設定
    MariaDBのrootパスワードを設定する
    mysql_secure_installation
    

openQRM導入

  • インストールスクリプトの実行
    tar xfvz openQRM-5.3.8-Community-Edition.tgz
    cd openQRM-5.3.8-Community-Edition
    ./install-openqrm.sh

インストール途中で不足しているパッケージがある場合にはメッセージが表示されて停止する。
停止した場合にはスクリプト内でのrootにスイッチした分だけ多重でbashが起動しているため、停止箇所に戻るまでexitを行うことで継続することができる。

初期設定

インストール後、Webブラウザから画面にアクセスを行う。

  • アクセス先
    URLhttp://[IP]/openqrm/
    Useropenqrm
    Passwordopenqrm
  • インターフェイスの指定
    001.png
  • データベース選択
    002.png
  • データベースへのアクセス設定
    submit後、DBが生成される。
    003.png
  • 起動後の画面
    004.png

添付ファイル: file004.png 52件 [詳細] file003.png 51件 [詳細] file002.png 51件 [詳細] file001.png 54件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-19 (月) 02:13:34 (147d)