目次

概要

技術プレビューとして無償公開されているvCenter Server on Linux 2.5のインストール手順。
vCenter Server on Linux 2.5は仮想アプライアンスの形で提供されており、これを展開して使用する形となる。また、使用するにはOracle database 10g Express Edition、Linux用のODBCドライバが別途必要である。

使用前の注意点として、vCenter Server on Linux 2.5はESXi 3.5まではサポートされてるが、4.0及び4.1は利用することができない。また、本来のvCenterが持つ機能を全てカバー出来ているわけではない。

インストールに必要なもの

  • vCenter Server on Linux 2.5
    ダウンロードにはユーザ登録が必要。
    配布サイトのDownloadを開き、使用許諾書のあとZipファイルもしくはOVMファイルをダウンロードする。
    ZIP版
    OVM版

構築手順

vCenter Server on Linux 2.5のインストール

  • 1) ダウンロードしたファイルを展開
  • 2) 展開したファイルを以下の手順でデプロイ
    デプロイするファイルを指定
    003.png

    省略:ライセンス承諾など

    仮想マシン名を設定
    006.png

    展開するデータストアを指定
    007.png

    仮想ディスクの形式を指定
    008.png

    接続するネットワークを指定
    009.png

    サマリーを確認
    010.png

  • 3) デプロイした仮想マシンを起動する
  • 4) 起動すると以下の画面が表示される
    020.png

ネットワーク設定

vCenterのネットワークを設定する。

  • 1) 管理画面より[Configure Network]を選択
    020.png

  • 2) ウィザード形式の設定画面が起動する
    023.png

  • 3) 設定後、管理コンソールへアクセスする

Oracleのインストール

基本的な導入手順は Oracle Database 10g XE on Linux インストール手順 を参照。

vCenter Server on Linux 2.5の仮想マシン内にインストールする場合、仮想ディスクの容量不足の問題が発生する。
このため、新たに1.5GB以上の容量がある仮想ディスクを作成し、/usr/libとしてマウントすることで解消する。

DBの作成

Oracle Database上にvCenter用のDBを作成する。

  • 1) DBの作成は下記内容のSQLファイルを作成する。

    vCenter.sql
    CREATE SMALLFILE TABLESPACE "VPX" DATAFILE '/usr/lib/oracle/xe/oradata/XE/vpx01.dbf' SIZE 100M AUTOEXTEND ON NEXT 10M MAXSIZE UNLIMITED LOGGING EXTENT MANAGEMENT LOCAL SEGMENT SPACE MANAGEMENT AUTO;
    
    CREATE USER "VPXADMIN" PROFILE "DEFAULT" IDENTIFIED BY "password" DEFAULT TABLESPACE "VPX" ACCOUNT UNLOCK;
    
    GRANT connect TO VPXADMIN;
    GRANT resource TO VPXADMIN;
    GRANT CREATE VIEW TO VPXADMIN;
    GRANT CREATE any sequence TO VPXADMIN;
    GRANT CREATE any TABLE TO VPXADMIN;
    GRANT execute ON dbms_job TO VPXADMIN;
    GRANT execute_catalog_role TO VPXADMIN;
    GRANT unlimited tablespace TO VPXADMIN;


    Oracleのインストール先・管理アカウント等の設定は以下となっている。設定が異なる場合は正しい値に変更して実行すること

    設定内容
    DB名VPX
    保管場所/usr/lib/oracle/xe/oradata/XE/vpx01.dbf
    管理アカウントVPXADMIN
    管理アカウントのパスワードpassword

  • 2) 以下のコマンドにてSQLを実行する
    sqlplus / as system @vCenter.sql

ODBCドライバのインストール

vCenter Server on Linux 2.5へのODBCドライバのインストールは半自動化されている。
仕組みとしては、OS起動時に/root配下に規定名称のODBCドライバファイルの有無をチェックし、存在する場合は自動的にインストールする仕組みとなっている。

  • 2) 上記ファイルを /root へ保存する
  • 3) OSを再起動する
  • 4) OS起動時にODBCドライバの展開が行われ、設定が開始される
    ODBCドライバの展開がOracle Databaseの起動よりも早いため、この段階で設定を行うとデータベースへ接続できず失敗する。
    このため、この段階では設定は行わない
  • 5) OSの起動完了後に以下のコマンドにてODBCの接続設定を行う
    vpcxd_odbcconfig
  • 6) ODBCの設定は以下
    Virtual Appliance ODBC Configuration (For ORACLE only)
      【DBのインスタンス名を入力】 
      Database instance name: XE
     【DBのログインユーザを入力】
      Database login id: system
     【パスワードを入力】
      Database password: 
      Database password again: 

以上にて、ODBCドライバのインストールは完了

管理画面

021.png

030.png
031.png
032.png
033.png


添付ファイル: file033.png 697件 [詳細] file032.png 667件 [詳細] file031.png 705件 [詳細] file030.png 710件 [詳細] file023.png 673件 [詳細] file021.png 679件 [詳細] file020.png 710件 [詳細] file010.png 685件 [詳細] file009.png 763件 [詳細] file008.png 700件 [詳細] file007.png 678件 [詳細] file006.png 669件 [詳細] file005.png 320件 [詳細] file004.png 357件 [詳細] file003.png 831件 [詳細] file002.png 363件 [詳細] file001.png 348件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-08-16 (月) 19:35:30 (3257d)